MENU

 私は現在36歳の主婦で、週2〜3でアルバイトをしています。

 

私が薄毛に気が付いたのは33歳頃で、夕食の買い物をしようと1人で家を出たときの事です。とても天気が良くて気持ちのいい風が吹いていたので、いつもは自転車で買い物に行くところを「健康にもいいしたまには歩くか!」と張りきって歩いて行くことにしました。

 

 無事にスーパーに到着して必要な物を買い終えると、さっきまで快晴だった空が雲で覆われてきていて一雨きそうな様子になっていました。傘も持っていなかったので急いで帰ろうと思ったのですが、外に出てほんの数分たったところで突然スコールのような大雨が襲ってきたのです。スーパーを出て間もなかった事と夕立のようだしすぐに止むだろうと思った為、急いで引き返し雨宿りをすることにしたのですが、屋根の下に着いた時には結構濡れてしまっていました。雨が止むのを待つ間、ふとスーパーのガラスの方を見てみると自分の姿が目に入りました。そこで気がついたのです。「あれっ?なんか私頭小さくなった??」雨で濡れた髪の毛は地肌にペットリと張り付き、その少なさを強調してしまっていました。この時までは自分が薄毛であることの自覚は全く無かったのですが、ガラスに写る姿を見て現実の厳しさを思い知らされました(笑)。

 

 取り敢えずその場では着ていたパーカーのフードを被り誤魔化したのですが、雨が止んでまでずっとフードを被っていてはおかしいと思い、小雨になった瞬間出来る限りの早歩きで家に帰りました。途中で知り合いに会ってしまわないか不安でしたが無事に家に着いたのでホッとしました。家に帰ってからもう一度鏡で良く確認してみると、やはり所々地肌が見え隠れしていました。「この年でここまで薄くなってたら40過ぎにはハゲてしまう!」と危機感を持ちはじめ、この日から薄毛対策を開始しました。

 

 具体的に私が行ったのは2つの簡単なことでした。まず1つ目は頭皮マッサージです。お風呂に入り、いつも通りシャンプーをした後トリートメントを髪に馴染ませます。その間に指の腹で優しく揉み込むように地肌をマッサージするだけです。この時、間違っても爪を立ててしまわないように注意してください。あくまで指の腹で優しくです。そうでないと逆効果になってしまうおそれもあります。そして2つ目が、意識的に髪の毛に良いとされる栄養を摂る事です。実際に私が良く食べているのは、ワカメやヒジキなどの「海藻類」。サバやアジなどの「青魚類」などです。これらをバランス良く食事に取り入れ、毎日食べるように心がけています。反対に、食べ過ぎに注意しているのは「油っぽいもの」です。過剰に油を摂取してしまうと地肌がベタついたり、毛穴が詰まってしまうそうなので気をつけています。

 

 これだけの簡単な対策しか行っていませんが、当時に比べるとほんの少し髪が強く太くなったように感じます。個人差はあると思いますが頭皮が気になり始めた方は是非試してみてください。

関連ページ

薄毛について